2015.08.02 (Sun)

菓子處たちかわ@玉戸店

「今年は冷夏」 という予報はどこへ…。
毎日しんどい日が続きますね、夏バテなどされていませんか?

さて、先の3連休。私はというと、 筑波山北西部 あたりをウロついてきました。
暑さやらなんやらでデローンとし始めると、どうも山を愛でたくなる…。
風は心に、緑は目に優しかった(つω`*)

併せて、いつもの食べ放題に工場直売も見てきたので紹介したいと思います。

************************

朝7時に自宅を出て、10時ちょい過ぎに茨城県筑西市に到着。
まずは 『 菓子處 たちかわ 』 さんへ。

工場併設店で、あのコーナーがあるとのことだけど…。


店舗外観
水戸線 「玉戸」駅から歩いて1分。


お菓子のアウトレット
「土日限定/お菓子アウトレット」 ポスター発見!

重量基準外品、印字ズレ等の包装不良品、賞味期限の短いもの
試作サンプル品、切れ端、半端数品
原材料在庫の調整品なんかを販売しているそうですよ。


店内
商品あれこれ
店内は、360度お菓子だらけー!!

…お菓子屋さんで、こういうサービスを受けたのは初めてだったなぁ。
冷たいお茶だけでも有難いというのに(人ω<`;)


羊羹と黒豆茶!
黒豆茶と水ようかんの無料サービス!!

毎回いらしたお客さんにお菓子とお茶でもてなしてくれるそうですよ。


アウトレットコーナー
でもメインで見るのは、アウトレットコーナーという(汗)


お買い上げ品
ちっくんカステラ(398円)、花梨等ラスク(100円)
バターどらやき(正規品/172円)、つくばカリーどら焼き(正規品/162円)
ミルク・まっ茶饅頭(各60円)、チーズ饅頭(70円)

合計 1022円

ご馳走になったので、気を遣ってアウトレット以外もお買い上げ(笑)
( 2個だけじゃなくてちゃんと買えよ…。 )
「カレーどら焼き」 は、土浦市の某有名店でもあるけど、ココのは福神漬け入り!!
結構スパイシーなのも相まって、こっちはご飯に合いそうな感じでしたね~。

バターどら焼きを発明した人は、苺大福なみにスゴイと思う。
カステラも饅頭もおいしかった!
接客もかなーり良いしオススメです。


オモロー
最後に、アウトレットコーナーのおもしろお菓子をご紹介。

腹黒いからチーズでもチョコレート味にしているんだそうです(´∀`)

------------------------------------------------------------------------
菓子處 たちかわ

住所 茨城県筑西市玉戸2979-2
電話 0296-20-2626
営業時間 9:00~19:00 
定休日 不定休 (※お菓子のアウトレットは土日)
駐車場 あり
HP <公式

※2015年7月現在の情報です。
 変更される場合もあるのでご注意ください。
------------------------------------------------------------------------

テーマ : 直売 ジャンル : グルメ

22:02  |  茨城県  |  TB(0)  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

■下館って言ったら

『甘茶や彩』が浮かぶのですけど、行ったこと無いですか?
この『たちかわ』のカレーどら、一時期、ウェルシアに売っていたなぁ。
正栄デリシィといい甘いものは事欠かないエリアですね。
赤飯 |  2015.08.03(月) 19:18 |  URL |  【コメント編集】

>「今年は冷夏」 という予報はどこへ…。
 (; ・`д・´) ナ、ナンダッテー !! (`・д´・ (`・д´・ ;)

でもって、素敵なお店の紹介をありがとうございます。
到達可能圏内ですよ♪

「叶 匠壽庵」という和菓子のお店が各地のデパートに出店してるんですが、
松屋銀座店に昨年行ったときに、お茶とお菓子(試食の意味も含めた)を出してくれたことを思い出しました。
「黒豆茶と水ようかんの無料サービス!!」のボリュームとはさすがにいかないけれど、チョットくつろげました。
しばらく後に千葉そごう店に行ったときは、ハズレでした。

やっぱり、
>接客もかなーり良いしオススメです。
これに尽きるんでしょうな~。
ヒマワリ |  2015.08.04(火) 16:00 |  URL |  【コメント編集】

連投失礼します。

「菓子處 たちかわ」HPの店主挨拶のページを見たら、店主が人間じゃなかった件w
ヒマワリ |  2015.08.04(火) 16:06 |  URL |  【コメント編集】

■赤飯さん

あそこの甘味屋の食べ放題は、TVでも取り上げられたし有名ですね。
行ったことはないです。開催日的に無理だし甘いものは量を食べられないし
ちょっと私の中で金額も超えているので。
かづのゆう |  2015.08.05(水) 21:30 |  URL |  【コメント編集】

■ヒマワリさん

おお!あの手のサービスを行うところって他にもあったとは…!
有難いですよね。嬉しいし落ち着くし味も試せるし。
ご馳走になっておきながら買わずに出て行く人は少なそうなんで
お店側にとっても案外メリットはあるかも知れませんね(´∀`)

どんなに美味しくても接客がアレだと私は駄目です…再訪しないです(汗)
昔、接客業をしていたので何よりもその辺は重要視したい点ですね~。
かづのゆう |  2015.08.05(水) 21:55 |  URL |  【コメント編集】

■ヒマワリさん

何回か見てたのに全く気づかなかったーーーっ!!!
見た瞬間に思わず、「ブヘヘッ」と吹き出しちゃいましたよ(笑)
やっぱりこのお店はイイ。こういう遊び心があるところも大好きです(*^^)
給料は、袖の下から渡して貰いたいなぁ(笑)
かづのゆう |  2015.08.05(水) 21:59 |  URL |  【コメント編集】

■そっか、食べ放題のイメージか(笑)

普通に飲食店として薦めたんですけど、そういえば食べ放題店だった。
メニューが沢山あって、普通の食事楽しいですよ。
私が行ったのは大分前ですが、入口で団子売っていますし。
だんごは持ち帰りでも店内で食べてもOKだった。今はどうなっているんだろう。
ストリートビューじゃわからないなぁ。
赤飯 |  2015.08.05(水) 22:02 |  URL |  【コメント編集】

■赤飯さん

飲食店としてでしたか。また勘違いしていました…。
筑西市へは再度行くと思うので機会があれば伺わせていただきますね。
かづのゆう |  2015.08.06(木) 20:14 |  URL |  【コメント編集】

■高級食材♪

>いやー、もう脂肪たっぷりでお空は飛べなくなったトリよー。
フォアグラ 来たー (≧∇≦)

wiki先生にフォアグラについて聞いてみたら、「長期飼育のフォアグラ」というのがあって、
>スペインのエドゥアルド・スーザ(英語版)が経営する農場兼レストラン、
>ラ・パテリア・デ・スーザ (La Pateria de Sousa) では
>自然に近い飼育場で半野生のガチョウを放し飼いにし、渡りの季節に
>エネルギー源として肝臓に脂肪を蓄える習性を利用してフォアグラを生産している

>この飼育法はガチョウに強制給仕をすることなく、ガチョウに自ら餌を
>ついばませる方法であるため、飼育期間は一年かかるといわれ費用がかかるが、
>味などの品質に高い評価を得ているため価格は高価になる。

ちなみに詳細はこちら。
「ナチュラル・フォアグラ」でフォアグラ問題を一挙解決?
2014/2/19
ttp://magazine.shokuikuclub.jp/food/20140219_050018/

特にこの部分が興味深く思われました。
>ナチュラル・フォアグラは、クードクールというフランスの美食コンテストで
>フランス産のフォアグラを抜いて優勝しています。自然飼育のフォアグラは
>ガバージュ(強制給餌)を行ったフォアグラに劣らないどころか、
>むしろ高品質だったというわけです。
ヒマワリ |  2015.08.08(土) 18:55 |  URL |  【コメント編集】

■ヒマワリさん

へー!そういう作り方のフォアグラもあったんですか。
そういえば大昔に食べた平飼い卵は、お箸で掴めたっけなぁ。
味も濃く美味しかった記憶。ストレスフリーは味に変化をもたらすんでしょうかネ。
まぁ、エサとかの配合があるかもですが。

それにしても貧乏で、フォアグラもあん肝もまったく未食な私(汗)
玉子でしか例えられれないのが悲しすぐる…( ;∀;)
かづのゆう |  2015.08.09(日) 13:02 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→https://inchup.blog.fc2.com/tb.php/864-0d086836

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

  

 | BLOGTOP |